お子さんがレッスンを離れるときに
お母さまがお手紙をくださることがあります。
それらはわたしの宝ものだと
春がきて
しみじみ思っています。

お手紙に書かれていることは
もちろんおひとりおひとりちがうのだけど
でも不思議と共通項もあるのです。
レッスンで得たのはこういうことだった
という内容に不思議と。

考えてみたらコンサートのあとも
ちょっとギョッとするくらい
同じキーワード、言い回しを
ずいぶんな数の方から
きくことがある。

それらはわたしに
大事なことを教えてくれているような
気がします。


きょうはレッスンで
小さなころから通ってこられている女の子に
ショパンのワルツ集の楽譜をお渡しする。
お渡しできたことが
嬉しいです。